赤ちゃん

乳児湿疹の種類と原因を探れ~デリケートな赤ちゃんを徹底ガード~

成長に欠かせない水の存在

コップに水を注ぐ

赤ちゃんの成長には水は欠かすことができないものです。母体にいるときからそれは変わらず、お母さんは綺麗で安全な水を飲むことが求められます。妊娠中、綺麗な水を飲まなければ、羊水に影響してしまうと言われています。羊水は赤ちゃんを包む大切なものです。水道水の塩素はその大切な羊水の質を悪くしてしまう可能性が高いとされているため、ミネラルウォーターなどを摂取するように心がけることが大切です。赤ちゃんは羊水を飲むことが分かっています。その羊水がもしも質の悪いものになってしまっていたら、赤ちゃんはとても苦しい思いをしてしまいます。また、羊水の状態によって、アトピーを発症してしまうリスクが高まるのではという危険視する声も挙がっています。生後数ヶ月で発祥してしまうと、離乳食の栄養バランスが偏ってしまう可能性が高いため、妊娠中は食事だけに気を付けるのではなく、水にも注意を払うことがとても重要と言えるのです。

赤ちゃんが摂取する水にも徹底してこだわることが大切です。母乳ではなくミルクを飲む場合や白湯を飲ませる場合も水を使用します。その水にもし水道水を使用しているなら危険です。大人にとってなんともない水道水でも、赤ちゃんにとっては強い刺激となってしまいます。ミネラルウォーターで尚且つ軟水を使用することが大切です。軟水には不純物が少なく、赤ちゃんでも安心して飲むことができる水です。赤ちゃんは肌だけでなく身体の内部も敏感です。そのため、RO水などの安心して飲める水を使用することが重要なのです。自宅で気軽に安心な水を利用する場合には、ウォーターサーバーを利用すると良いでしょう。しっかりとろ過されているため飲み水として適していますし、水だけでなくお湯も使用することができるようになっているため、手間が掛からず便利です。お湯が勝手に出ないように防止することもできるため、お子さんがいる家庭でも火傷の心配もなく利用することができます。