赤ちゃん

乳児湿疹の種類と原因を探れ~デリケートな赤ちゃんを徹底ガード~

タマゴ肌を守ろう

医者

瑞々しくて綺麗な肌が印象的な赤ちゃんの肌ですが、実は乾燥しやすいという特徴があるのです。赤ちゃんの肌は薄く、大人の肌よりもとてもデリケートです。サランラップ一枚の厚さにも満たないほどに薄い肌なので、外的な要因を受けてしまいやすいのです。気温や温度の変化は赤ちゃんの肌には負担となってしまいます。大人よりも多いと思われがちな肌の水分量ですが、実は少なく、肌を守る役目を果たす皮脂の分泌量も少ないのです。そのため、しっかりと保湿をしなければ水分は蒸発してしまい、気づいたときには乾燥してタマゴ肌の輝きを失ってしまうのです。赤ちゃんだけでなく全ての人に言えるのですが、乾燥してしまうと痒くなってしまうことが総じて引き起こされます。掻いてしまうことで傷ができることもありますし、酷い場合には湿疹ができてしまいます。不衛生だからと何度もお風呂にいれたり、患部を擦ってしまう人もいますが、結果バリアを果たす皮脂を失い乾燥が進行してしまいます。そのため、肌は優しく撫でるように洗い、お風呂から出たら素早く保湿を行ないましょう。

赤ちゃん用の石鹸やボディーソープを使用し肌の汚れだけを落としたら、水分を肌に留めるためにしっかりと保湿をします。ムラが無く、綺麗に肌に塗ることができる乳液などを使用して保湿をしましょう。保湿ケアは入浴後から5分以内に済ませることが大切です。顔や首、腕や足に塗りますが、ここで大切なのはシワの部分も伸ばして全身しっかりケアをすることです。耳の裏側や指の間、ワキなどは忘れてしまいがちな場所でもあるため、しっかりと確認しながら隈なく塗ります。もし乾燥が酷い場合には重ね塗りするなどして様子を見ましょう。改善が見られない場合は皮膚科を受診し、赤ちゃんの肌に適したスキンケア製品について相談してみることも大切です。について相談してみることも大切です。