赤ちゃん

乳児湿疹の種類と原因を探れ~デリケートな赤ちゃんを徹底ガード~

便秘は早期に解決しよう

腹ばいのあかちゃん

不規則な生活をおくりがちな現代人にとって馴染み深い症状である便秘ですが、赤ちゃんも便秘の症状が起きることが良くあります。成長していくと大人と同じものを食べるようになるため、赤ちゃんは排便の回数が徐々に少なくなってきます。それくらいの症状ならば便秘とは考えなくて良いですが、この症状が3~5日続いてしまうようなら便秘の症状を疑ってもよいでしょう。赤ちゃんの場合、便秘の症状は食事に影響して起こることが良くあります。ミルクやご飯を食べなくなったり、吐いてしまう場合には腸が変調をきたしている場合があります。機嫌が悪くなり、泣いてしまう場合には便秘によってお腹が痛いと訴えていることもあります。これらの症状が見られる場合、便秘の改善方法を試してみましょう。また、酷い場合になるとお腹が張ってしまい、便をする際に血が出てしまったり、痛みに泣いてしまい力むことができないことも多々見られます。そうなると病気の可能性も疑うことが大切です。かかりつけ医に相談してみると良いでしょう。

赤ちゃんが便秘になってしまった場合には、お腹をマッサージして腸の働きを手助けしてあげると良いでしょう。へそを中心をして時計回りに円を描くように撫でてあげましょう。また、足を動かしてあげるマッサージも便秘解消に効果的です。仰向けに寝かせ、ももと膝を支えながらお腹に向けて軽く押すように行ないます。また、肛門を刺激して排便を促すことも大切です。肛門から指一つ分上の場所を押し、軽く叩くようにマッサージをします。ベビーオイルやベビーローションを綿棒に含ませ、綿が付いた部分を肛門に挿してマッサージするのも効果的です。赤ちゃんにとって、母乳やミルクの量が足りないことも便秘の原因となってしまいます。必要なミルクの量も個人差があるため、医師や専門家に相談しておくことも大切です。