赤ちゃん

乳児湿疹の種類と原因を探れ~デリケートな赤ちゃんを徹底ガード~

繊細な存在

ニキビやおむつなどが乳児湿疹の原因となっているときは専用のケア商品で解消することができますよ。適切な商品をしっかりと選びましょう。

医者

赤ちゃんはとてもデリケートな存在です。薄い肌は傷つきやすく、ケアしなければ乾燥してカサカサになってしまいます。また、便秘になってしまうことも意外と多いのです。最近多いとされる乳幼児のアトピー発症は、妊娠段階での水にも原因の一端があるのではとも言われており、とても深刻な問題となっています。水道水を飲むなどのように、大人にとっては何気なく行えることも赤ちゃんの体質で考えると大事件になってしまいます。身体の外も内もとても神経質でデリケートな赤ちゃんだからこそ、しっかりとケアを行なうことが大切だと言えるでしょう。赤ちゃんは常に肌トラブルと隣合わせです。代表的なものに乳児湿疹という症状があります。乳児湿疹には様々な種類があり、それぞれに引き起こす原因が違います。新生児ニキビは生後1週間~1ヶ月という比較的早い段階から現れます。赤いプツプツが顔に出るこの症状は、清潔にしていれば深刻化することはありません。母体に女性ホルモンが影響している新生児の場合、ニキビの原因となる皮脂の分泌量が多いため、毛穴に溜まり炎症を起こしてしまうのです。乳児脂漏性湿疹という症状も、新生児の時期に見られるものです。顔だけでなく頭部にも黄色いかさぶたに近い形状のものが現れます。炎症を起こすと腫れや膿を発症してしまう可能性もあるため、医師に受診することが大切です。乳児脂漏性湿疹も新生児ニキビと同様に皮脂の過剰分泌による毛穴のつまりが原因です。どちらの清潔にしておくことで徐々に症状は緩和していきます。

あせもが起きる時期は夏頃です。首の周りや背中など、寝ていて蒸れてしまいやすい場所にできてしまうことが多いです。新生児の場合は白い色をしていますが、成長すると赤く痒みを伴うものになっていきます。発汗が良い赤ちゃんは肌が蒸れてしまいやすく、肌に表皮ブドウ球菌が繁殖してしまいやすいのです。引っ掻いてしまうと悪化してとびひになってしまうこともあるため注意が必要となります。着替えをさせ、汗を放置してしまわない環境を保つことが大切と言えます。その他にも、アトピー性皮膚炎やアレルギーによる肌の不調があります。アトピーやアレルギーは酷い痒みや痛み、苦しみを伴う危険性があるため、医師に相談して赤ちゃんが過ごしやすい環境を作るようにしましょう。清潔さを保ち、刺激のあるものは避けることが大切です。

タマゴ肌を守ろう

医者

赤ちゃんの肌はプルプルしていて瑞々しいと感じる人もいるでしょうが、実は乾燥しやすい肌質をしています。大人よりもデリケートなため、保湿をして肌をケアすることが大切なのです。

便秘は早期に解決しよう

腹ばいのあかちゃん

便秘は生活習慣が乱れがちな現代人にとって比較的身近な症状ですが、赤ちゃんにも起こってしまうのです。快適な便通のスパンには個人差がありますが、便秘だと判断できる場合には速やかに解決を図ることが大切です。

成長に欠かせない水の存在

コップに水を注ぐ

赤ちゃんにとって水はとても重要なものです。母体にいるときから綺麗な水を必要としているため、母親は徹底して水に拘ることが大切です。生まれてからもミネラルウォーターを利用しましょう。